エボラ出血熱とは、本当は何なのか?分析していきたいと思います
2014-10-23


本日は、エボラ出血熱とは、本当は何なのか?分析していきたいと思いますが、その前に

エボラ騒ぎですが、予想通り、こんなニュースが入ってきました。

以下引用

エボラ熱ワクチン、グラクソ「年内の出荷可能」
2014年 10月 23日 00:45 JST

[ロンドン 22日 ロイター] - 英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)(GSK.L: 株価, 企業情報, レポート)のウィティ最高経営責任者(CEO)は22日、開発中のエボラ出血熱ワクチンについて、年内に出荷を開始できるとの見方を示した。生産拡大に向け他の製薬会社と協力するとしている。

ウィティCEOは四半期決算発表後に記者団に対し、エボラ熱のワクチンは「年末までに出荷開始できると見ている」と述べた。

米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(JNJ.N: 株価, 企業情報, レポート)もエボラ熱ワクチンを開発しており、同社はこの日、必要な分のワクチンを提供するために製薬会社が協力する方法を模索していることを明らかにしている。

以上引用
jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0IB1WB20141022


はーい、またまた登場のグラクソスミスクラインのワクチンです。


新型インフルエンザによって、治療薬リレンザを政府に納入させ、使いもせずに数百億分捕ったグラクソスミスクライン

ノバルティス社の新型インフルエンザワクチン期限切れで214億円分破棄、でも使ったのは2500人分!!
[URL]


子宮頸癌ワクチンで、効く証拠もなく、副作用も酷いのに、311をきっかけに強制的に接種させ、年間数百億の利益を上げているグラクソスミスクライン

子宮頸がんワクチンを推進している公迷党の松あきら→夫→子宮頸がんワクチン製造会社グラクソの顧問弁護士。


311の後にCMの洪水になった子宮頸がんワクチン接種後に失神、567件報告
[URL]


現役医師による子宮頸がんワクチン(サーバリックス)の問題点の詳細分析
[URL]


インフルエンザワクチンと熊本三歳児殺害事件の接点
[URL]


吉田有希ちゃん殺害事件と児童ポルノ法と言論統制と原発、117そして311
[URL]

今市市女児殺害事件 新型インフルエンザ、SSRI,子宮頸癌ワクチン、グラクソスミスクライン 311
[URL]


はい、もう、うんざりですね。


では、エボラ出血熱ですが、この病気の根本は何なのか?調べてみましょう。


その際、一番大切なのは、いつ、どこで、この病気が発生したのか?ということです。

地図と年表を見れば、こういう現象は7割くらい分かってくると思います。


以下wiki

エボラ出血熱(エボラしゅっけつねつ、米: Ebola hemorrhagic fever[† 1][† 2] ; EHF)、または エボラウイルス病(エボラウイルスびょう、英: Ebola virus disease[† 3] ; EVD)[† 4]は、フィロウイルス科エボラウイルス属のウイルスを病原体とする急性ウイルス性感染症。出血熱の一つ。ヒトにも感染し、50-80%という死亡率を持つ種類も存在する。人類が発見したウイルスの内で最も危険なウイルスの1つである。
「エボラ」(仏: Ebola/Ebola)の名は、発病者が出た地域に流れるエボラ川から命名された。


エボラウイルスは大きさが80 - 800nmの細長いRNAウイルスであり、ひも状、U字型、ぜんまい型など形は決まっておらず多種多様である。

続きを読む

[ワクチン]

コメント(全1件)
コメントをする


記事を書く
powered by ASAHIネット